看護師が知っておくべきトリアージタッグとは?種類・使い方・注意点 

トリアージタッグは緊急時における患者の状態を迅速に識別し、適切な医療を提供するための重要なツールです。

看護師として、これを正確に理解し、使用する能力は欠かせません。 

この記事を通して、トリアージタッグの種類や使用方法、注意すべき点、そして他の医療従事者との連携方法について理解して頂ければと思います。

 

トリアージタッグの基本概念 

トリアージとは 

トリアージタッグは限られた医療リソースを最も効率的に活用するために、負傷者の重症度と治療の緊急度に基づいて優先順位を決定する方法として考案されました。 

それから、大規模な災害や事故、緊急医療現場で特に重要な役割を果たしています。

これにより、医療リソースを効率的に使用し、より多くの命を救うことができるのです。 

トリアージの基本的な目標は、限られた資源を最適に利用し、最も助かる可能性の高い患者に迅速に対応することです。 

トリアージの歴史と背景 

トリアージの概念は、19世紀初頭のナポレオン戦争時にフランス軍の医師が初めて取り入れたとされています。 

戦場で負傷者の治療を効率化するために考案されました。 

医療現場におけるトリアージの重要性 

医療現場では、適切なトリアージが欠かせません。 

特に緊急時や災害時には、短時間で多くの患者を評価・分類しなければならないため、トリアージの技能が看護師や医療従事者に求められます。 

トリアージの具体例 

例えば、大規模な交通事故が発生した場合、次のようなトリアージが行われます。

  • : 出血多量でショック状態にある患者は最優先で対応されます。 
  • : 骨折など速やかな治療が必要な状態ですが、命に直結しない患者が次に対応されます。 
  • : 軽微な怪我や擦り傷の患者は待たされる可能性があります。 
  • 非常に低: 症状が非常に軽い場合や、すでに助けることが難しい場合は最後に対応されます。 

看護師の役割と責任 

看護師はトリアージにおいて迅速かつ適切な判断を下し、 患者の状態を評価することが求められます。 

また、他の医療スタッフと連携して患者の優先順位を決定し、適切な治療を提供するための支援を行います。 

  • 患者の重症度を迅速に評価 
  • トリアージタッグを正確に付ける 
  • 応急処置の実施 
  • 他の医療スタッフとの連携 

   

トリアージタッグの種類 

カラートリアージタッグ 

カラートリアージタッグは、患者の緊急度や重症度によって色分けされたタグです。

一般的には以下の4種類が使われます。 

  • 赤色最優先治療が必要:生命の危険がある重篤な状態で、即座に治療が必要な場合 
  • 黄色一時的な治療が可能:重大な怪我や病気だが、少しの遅延でも大きな影響が出ない場合 
  • 緑色軽症:治療の遅延が許される軽傷や病状の場合 
  • 黒色救命不可能または死亡:治療しても救命が困難または既に死亡している場合 

ナンバートリアージタッグ 

ナンバートリアージタッグは、番号を基にして患者の優先度を評価するシステムです。通常、1から5までの番号が使用され、それぞれの意味は以下の通りです。 

番号 説明 
最優先治療が必要:重症で生命の危険が迫っている場合。 
一時的措置が必要:重症だが、少しの遅延が許される場合。 
軽症:治療の遅延が可能。 
非常に軽症:即時治療不要。 
死亡:救命不可能または既に死亡している場合。 

使用手順の基本 

トリアージタッグの使用手順は、災害や緊急事態における迅速で適切な患者の分類と対応を可能にします。以下の手順に従ってください。 トリアージ分類の決定 

患者の状況評価

  • 意識レベル、呼吸、循環の状態を確認 
  • 致命的な外傷や出血の有無を確認

トリアージ分類の決定 

  • 選定したカテゴリーに応じたタッグを装着 
  • タッグには患者情報を書き込む 

緊急事態における使用例 

緊急事態ごとのトリアージタッグの使用方法について具体例を挙げます。 

緊急事態 対応の流れ 注意点 
地震災害 患者の即時評価、トリアージ、救命処置の優先順位の決定 建物の安全確認、二次災害の防止 
大規模火災 煙の影響確認、呼吸困難者の優先治療 避難誘導、火の進行方向の確認 
交通事故 車内からの救出、外傷の評価 二次事故の防止、交通の遮断 

トリアージタッグ使用時の注意点 

誤診の防止方法 

トリアージタッグを使用する際には、正確な情報を記載することが重要です。

迅速に情報を得るための定期的な訓練や、トリアージの知識を共有するチームミーティングを行うと効果的です。 

  • トリアージ基準の徹底理解:トリアージの基準を理解し、それに準拠した判断を下すことが求められます。 
  • 複数の視点からの評価:単独の医療従事者の判断だけでなく、複数の医療従事者の視点を取り入れることが重要です。 
  • 判断の見直し:状況が変化した場合、トリアージタッグの情報を逐一見直し、必要に応じて更新することが求められます。 

具体例と対処方法 

例えば、災害現場で活動する際、医療チームは事前に役割分担を明確にし、定期的にシミュレーショントレーニングを実施することで、誤診のリスクを減少させることができます。

シミュレーショントレーニングの際には、実際のトリアージタッグを使用し、リアルな状況を再現することが効果的です。 

Triageの倫理的側面 

トリアージには、倫理的な判断が伴います。

特にリソースが限られている緊急事態では、どの患者を優先するべきかという難しい判断を迫られることがあります。 

  • 優先順位の選定基準:誰を先に治療するべきか、明確な基準を持っておくことが重要です。 
  • 公平な評価:すべての患者を平等に評価し、差別のない判断を行うよう努めます。 
  • 医療論理の理解:トリアージを行う際には、医療倫理についての知識を深めることが必要です。 

リソースの効率的な配分方法 

例えば、限られた医療機器や薬品を効果的に使用するため、リアルタイムでのデータ共有とコミュニケーションが鍵となります。

ICTを活用することで、迅速かつ正確な情報共有が可能となり、適切なトリアージが実現できます。 

看護師が知っておくべきトリアージの基本 

看護師の役割と責任 

看護師は、緊急医療の現場においてトリアージプロセスを円滑に進めるための重要な役割を担います。

トリアージは患者の緊急度と治療の優先順位を決定するプロセスです。 

  • 患者の状態評価 
  • トリアージタッグの適切な使用 
  • 他の医療スタッフとの情報共有 

看護師は、患者のバイタルサインや症状を基に緊急度を評価し、トリアージタッグを適切に使用して分類します。また、適切に情報を共有することで、医療チーム全体の対応を統一します。 

まとめ 

トリアージタッグは、緊急事態における患者の重症度を迅速に判断し、適切な治療を行うための重要なツールです。カラートリアージタッグやナンバートリアージタッグなどの種類があり、それぞれの特徴や使い方を理解することが求められます。

さらに、誤診を防ぐための方法や患者のプライバシー保護、倫理的側面についても考慮する必要があります。

看護師は、トリアージの基本を理解し、他の医療従事者との連携を深めることで、より迅速かつ的確な対応が可能となります。