美容看護師は誰でもなれる?ステップや平均給与、仕事内容など

病院勤務などの看護師より平均給与が高いと言われている「美容看護師」。 

年々、転職の中でも人気が高まってきておりますが、実際誰でもなれるわけではありません。この記事では美容看護師になるためのステップや仕事内容メリット・デメリットなどをまとめています。 

美容看護師のキャリアを目指す方やその分野での転職を考えている方もぜひご覧ください。

美容看護師になるためのステップ

美容看護師とは


美容看護師は、看護師の資格を持ちながら、美容クリニック、美容皮膚科などで勤務する看護師のことです。
一般的な看護師は主に病院で疾患の対応をしますが、美容看護師は美容面に特化したサービスを提供します。

美容看護師の役割

美容看護師は、美しくなりたい患者の肌や身体の状態を診断し、美容治療やケアを行うことが主な役割です。お客様それぞれのコンプレックス、希望している施術をしっかりと理解しお客様の「理想とする顔、身体」に近づけるようにサポートします。

美容看護師の仕事内容

例えば、患者がニキビやシミ、シワといった肌トラブルを抱えている場合、美容看護師は適切な治療法やスキンケア方法を提案します。
脂肪吸引などといった施術の際には主に手術介助(OPE介助)も行います。
また、施術が終わってからもお客様の術後の経過を観察し、その時の状態に合わせて適切なケアも行います。

美容看護師の活躍場所

美容看護師は、美容クリニック、美容皮膚科、エステサロンなど、美容に関連する施設で活躍します。

具体的には
・美容クリニック
脂肪吸引や豊胸、二重まぶた、鼻の整形といったメスを入れる施術を行う
・美容皮膚科
ニキビ、しみ、しわなどといった肌悩みを美しくするためのスキンケアなどの提案やダーマペンなどの施術を行う
・エステサロン
脱毛や美容施術(ハイフ)などといった施術を行う

美容看護師のメリット

・高い専門性を身につけられる
・美容業界での求人が豊富
・給与が他の一般看護師よりも高い傾向がある
・美容に関する知識や技術を習得できる

美容看護師になるために必要なこと

美容に対しての継続的な学び


美容看護師は医療の知識だけでなく、美容に関する知識も必要とされるため、専門性の高さが求められます。

常に最新のトレンドや技術を学び続ける必要性があります。
美容クリニックに来院されるお客様は美容について詳しい方も多いのでそういった方々にもしっかりと説明できる知識がなければいけません。

美容看護師の転職


皮膚科から美容皮膚科に診察範囲を広げたり新しくオープンする美容クリニックが増えたり美容看護師の転職市場は年々拡大しております。
特に都心部など人気エリアでは求人数が増加しています。転職市場は活況を呈しており、転職のチャンスが豊富です。

まとめ


美容看護師になるためには、まず看護師国家試験の取得が必要です。

基本的に中途採用が一般的ですが、大手美容クリニックなどでは新卒採用を取り入れているクリニックもあります。
美容看護師のメリットは美容を通して自分自身がきれいになれること、高収入ややりがいを感じることができる点です。
これらのポイントを押さえてキャリアを築いていくことが重要です。