看護師の「宿直」、当直、夜勤との違いは?仕事内容や勤務時間の比較など 

この記事では、混乱しやすい宿直と夜勤の役割、業務内容、勤務時間および休憩時間の違いについて詳しく解説していきます。 

看護師としての責任範囲を理解し、適切な勤務形態を選択する上での参考にしてください。 

宿直とは 

宿直(しゅくちょく)とは、原則週1回を限度とし、夜間の緊急時に迅速に対応できるよう待機する勤務形態です。 

通常、宿直勤務は休憩を取りながら行うことができ、仮眠も可能ですが必要に応じて直ちに患者の対応を行います。 

宿直の基本的な役割 

宿直の重要な役割は、夜間の患者監視と緊急対応です。 

患者の安全を保ち、何か異常があった場合にはすぐに対応することが求められます。 

宿直の業務内容 

宿直中の主な業務は以下の通りです: 

  • 患者の定期的な健康チェックとバイタルサインの監視 
  • 必要に応じての医薬品の管理と投与 
  • 緊急時の対応と医師への報告 
  • 翌日に備えた準備と情報の引き継ぎ 

具体的な時間帯別業務内容 

時間帯 業務内容 
22:00〜0:00 患者の最終チェックおよび必要な薬の準備と配布 
0:00〜3:00 数時間ごとのバイタルチェックと緊急時の対応準備 
3:00〜6:00 仮眠期間(緊急事態発生時は中断し対応) 
6:00〜7:00 翌日の業務準備と夜勤情報の引き継ぎ作業 

詳細なガイドラインや事例研究については、厚生労働省の公式ウェブサイトで提供されています。 

夜勤の概要 

夜勤の主な業務 

夜勤では、宿直と違い通常業務を行います。 

看護師は医師の指示に基づき、適切な医療行為を実行する必要があります。 

具体的な業務例 

  • 定期的なバイタルチェックと記録 
  • 急変時の初期対応と報告 
  • 痛みの管理と投薬 

夜勤期間中の身体的・精神的負担 

長期にわたる夜勤は、看護師の身体的および精神的な健康に影響を及ぼすことが知られています。

特に睡眠障害、慢性疲労、心理的ストレスは重要な問題です。 

  • 睡眠障害: 不規則な生活リズムにより体内時計が狂い、質の高い睡眠を取ることが困難になる。 
  • 精神的疲労: 継続的な夜間労働は、不安やうつ病のリスクを高める可能性があります。 

宿直と夜勤の業務内容の違い 

宿直では、主に病院が静まり返る深夜の時間帯に設定され、不測の事態に備えた安全確保と簡単なトラブル解決を担当します。 

これに対し、夜勤の看護師は、患者の定時的な巡回、必要に応じた治療とケアを実施します。 

具体的な業務の例 

  • 宿直:緊急発生時の初期対応、病院の安全チェック 
  • 夜勤:患者の定時観察、投薬、突発的な症状の対応 

生活リズムへの影響 

看護師の勤務形態は多様で、特に夜勤や宿直が含まれる場合、これが生活リズムに大きな影響を及ぼします。

不規則な勤務は体内時計を狂わせ、慢性的な睡眠不足を引き起こすことがあり、結果的に日中のパフォーマンス低下につながる可能性があります。具体的には、睡眠の質の低下や、眠りが浅くなることが見られます。詳細についてはNational Sleep Foundationで詳しく述べられています。 

具体例と対処方法 

看護師として勤務する場合、勤務スケジュールに合わせた睡眠時間の確保や、勤務前に短時間でも質の高い睡眠をとる工夫が求められます。また、休憩時間に短時間の仮眠を取ることも有効な対策とされています。 

メンタルヘルスへの影響 

夜勤や長時間労働は看護師の精神健康に大きな影響を及ぼすこともあります。

これらの影響には深刻な注意が必要で、世界保健機関(WHO)でも看護師のメンタルヘルスについて警鐘を鳴らしています。 

対処方法と予防策 

職場でのサポート体制の充実、適切な休息、レジリエンスを高める訓練等が精神健康を守るための重要な要素とされています。

さらに、適切なメンタルヘルスケアのアクセスが確保されているか、定期的なメンタルヘルスチェックを受けることも効果的です。 

勤務形態 生活リズムの影響 メンタルヘルスの影響 
日勤 比較的安定した生活リズム 精神的負担が比較的少ない 
夜勤 不規則な睡眠パターン、昼夜逆転 ストレス増加、うつ症状のリスク 
宿直 不定期な睡眠パターン 緊急対応によるストレスや不安感 

5. まとめ 

この記事では、看護師の宿直と夜勤の違いに注目しました。

宿直は基本的に待機が中心で、緊急時に対応する役割がありますが、夜勤はより積極的に患者のケアを行う必要があります。

勤務時間や責任範囲の違いが明確であり、これが生活リズムやメンタルヘルスに大きな影響を与えることを理解することが重要です。