【理学療法士向け】PTが転職エージェントを使うメリットとは?

転職活動に役立つサービスとして、医療職・リハビリ職専門の転職エージェントがあります。

転職エージェントとは、お仕事を探している求職者と採用活動をおこなっている企業(病院や施設)の架け橋となり、転職活動を支援する事業者のことを言います。

転職を成功へと導くために、キャリアパートナーが親身になってサポートしてくれます。

では、理学療法士専門の転職エージェントとは具体的にどんなサービスなのでしょうか?

本記事では、理学療法士が転職エージェントを使うメリット、転職エージェントの利用が向いている理学療法士の特徴をまとめてお伝えします。

理学療法士専門の転職エージェントとは

理学療法士専門の転職エージェントとは、その名の通り理学療法士もしくはリハビリ職を専門に転職サポートをおこなっている転職エージェントのことです。

多職種・多業界を扱う一般的な転職エージェントと違い、理学療法士業界に精通した転職エージェントなので、より専門的なアドバイスや転職サポートが受けられるという特徴があります。

担当してくれるキャリアパートナーは数々の理学療法士の転職に携わっていて、なかには元々医療現場で働いていたという経歴の持ち主もいます。

ただ「転職エージェントを使うことで実際どんなメリットがあるの?」「自分一人で転職活動を進める場合とどんな違いがあるの?」と疑問をもつ理学療法士の方もいることでしょう。

まずは転職エージェントを使うメリットを確認してみましょう。

PTが転職エージェントを使う4つのメリット

転職エージェントを使うメリットは、4つあります。

  • 非公開の求人に出会える
  • 求人のリアルな情報が聞ける
  • 面接設定や条件交渉などを任せられる
  • 選考通過率を高めることができる

それぞれのメリットについてご紹介します。

非公開の求人に出会える

転職エージェントでは、一般に公開されていない「非公開求人」を取り扱っています。

求人サイトに非掲載の求人や、その転職エージェントでしか取り扱っていない独占求人などが該当します。

選べる求人数が多いほど自分の希望条件に合う求人が見つかりやすいので、非公開求人を紹介してもらうために転職エージェントを利用するのは、転職を成功させる上で大きなメリットとなります。

求人のリアルな情報が聞ける

求人票には載っていないリアルな情報を聞けることも、転職のミスマッチを防ぐ上で大事なポイントです。

転職エージェントに相談することで、求人票からは読み取れないサービス残業の実態や離職率、勉強会の頻度など様々な情報を聞くことができます。

他にも常に人材不足の企業なのか、普段はなかなか募集がかからない企業なのかなど、募集背景について教えてもらえることもあります。

少しでも不安要素がある場合は、あらかじめ転職エージェントを通して求人のリアルな情報を聞いてみましょう。

面接設定や条件交渉などを代行してもらえる

転職活動を一人で進めると、面接設定や条件交渉など負担となることを全部自分で行わなくてはなりません。

応募企業と円滑にやり取りしたいと思っていても、就業中であればメールの返信や電話対応に時間をとれない場合も少なくありません。

応募企業の人事や採用担当の方も業務時間内でしか対応してくれないこともあります。

また条件交渉の際に、もうちょっと年収を上げてほしい、日曜日は固定で休みたいなど自分で直接言いづらいこともあるでしょう。

そんなときは転職エージェントの出番です。

あらかじめ面接可能なスケジュールや譲れない条件を伝えておくことで、転職エージェントが代わりに応募企業とやり取りをして、転職活動を進めてくれます。

応募企業と信頼関係がある転職エージェントの場合、多少の融通が利くこともあります。

選考通過率を高めることができる

書類選考が通らなかったり何回面接しても落選が続いたりすると、転職活動がいつまで経っても終わらず精神的負担となる場合があります。

そんな事態を回避するために、応募企業がどんな人物を求めているのか、面接で見ているポイントは何なのかを事前に知ることが重要です。

転職エージェントに相談しながら応募企業に合わせた面接対策や応募書類の作成をすることで、選考通過率を高めることができ、転職活動の負担をグッと減らすことができます。

仮に選考を通過できなかった場合も、落選した理由を転職エージェントが確認してくれるので、フィードバックを基に次の選考に活かすことが可能です。

転職エージェントの利用が向いている理学療法士の特徴

転職エージェントを使うメリットを踏まえた上で、転職エージェントの利用が向いている理学療法士の特徴もご紹介します。

初めて転職する人

初めての転職で進め方がわからないという方は、転職エージェントの利用をおすすめします。

医療業界の就活は暗黙の了解で複数の企業を一度に受けられないということが多いので、転職活動とは勝手が違い戸惑う方も多いです。

どのようなスケジュール感で転職活動を進めていくか、転職エージェントが親身になってサポートしてくれるので、少しでも不安がある方はお気に入りの転職エージェントを一つ見つけてみましょう。

転職をついつい先延ばしにしている人

「転職したい」が口癖になっていて、なかなか行動に移せていない方も転職エージェントの利用が向いています。

転職エージェントがあなたの背中を後押ししてくれるので、思いもよらずトントン拍子に転職活動が進むかもしれません。

他の企業と今の職場を比較することで、今の職場に残るという選択肢が生まれることもあります。

転職することがあなたにとって本当に良い選択なのか確認できる機会にもなりますので、転職したいと漠然と考えている方は一度転職エージェントに相談してみるとスッキリできるでしょう。

転職の軸が決まっていない人

転職はしたいけれど今後のビジョンが明確でない方は、転職エージェントと一緒にキャリアの棚卸しや自己分析をすると転職活動がうまくいきます。

自分一人でキャリアの棚卸しや自己分析をするのが苦手な方も、転職エージェントが色々な問いかけをしてくれることで、あなたが転職で叶えたいことが明確になっていきます。

自分一人では気が付かなかった潜在的な考えや長所を発見でき、転職後の未来にも繋がる有意義な時間となるはずです。

転職エージェントをうまく活用するポイント

転職エージェントをうまく活用するために覚えておきたいポイントをご紹介します。

転職意欲が高いことを転職エージェントに伝える

本気で転職したいと考えているのなら、転職意欲が高いことをしっかり転職エージェントに伝えましょう。

転職エージェントには毎日多くの求職者から連絡が来るため、結果的に転職意欲の高い方に時間が割かれる傾向があります。

転職にかける熱量をしっかりアピールすることで、転職エージェントがあなたのためにより時間を割いてサポートしてくれるようになります。

転職エージェントに頼り切らない

転職エージェントに頼り切りになり、受け身の姿勢になっていないか意識することも重要となります。

最終的に転職を決めるのはあなた自身です。

転職エージェントの意見や助言を鵜呑みにせず自分でもよく考える、紹介された企業は自分でも調べてみるといった当たり前のことを心がけることで、結果的に良い選択をすることができます。

まとめ

この記事では、理学療法士が転職エージェントを使うメリットについてお伝えしてきました。

理学療法士が転職エージェントを使うと、以下のようなメリットがあります。

  • 非公開の求人に出会える
  • 求人のリアルな情報が聞ける
  • 面接設定や条件交渉などを任せられる
  • 選考通過率を高めることができる

初めて転職する方、自分一人では転職活動がなかなか進まない方、転職することがゴールになっていてその後のビジョンが決まっていない方は、特に転職エージェントの利用が向いていると言えます。

転職は今後の人生を左右する大きな決断でもありますので、転職に少しでも悩みや不安がある方は、一人で抱え込まずに無料でサポートしてくれる転職エージェントの力を借りてみることをおすすめします。