知る人ぞ知る!医療職の非公開求人の探し方のコツ

求人を探しているときに「非公開求人」という文言を目にしたことがあるという人は多いのではないでしょうか?

非公開求人というと、他の人が知らない特別な求人のような感じがして、求人内容はどうなっているのかなど期待や妄想が膨らむことでしょう。

そんな非公開求人と出会うにはどうすれば良いのでしょうか?また探し方のコツはあるのでしょうか?

あなたの転職活動を良い方向へ導いてくれるかもしれない非公開求人。

この記事では、非公開求人の探し方とそのコツをご紹介します。

医療職の非公開求人とは

特に医療職の非公開求人は知る人ぞ知る市場であり、多くの場合、転職エージェントやそこで働いているスタッフを通じてのみ知ることができます。

非公開求人では公開求人よりも高度な専門性を求めていることが多く、競争率も低いため、候補者にとっては魅力的なチャンスがあるのです。

公開求人と非公開求人の違い

公開求人と非公開求人の最大の違いは、その入手方法にあります。

公開求人はインターネットや求人誌といったメディアを通じて広く一般に公開されているのに対し、非公開求人は特定のルートや関係者からしか入手できません。

また非公開求人は公開求人に比べて好条件・高待遇のものが多いです。

さらに、求人情報の質が高いことも特徴であり、キャリアアップを目指す医療職には非常に魅力的なものとなっています。

なぜ非公開求人が存在するのか

非公開求人が存在する理由は複数あります。

まず、採用する側の企業や機関は、候補者の質を重視し、自社のニーズにピッタリと合う人材を探したいと考えています。

特に、医療職においては専門性や経験が非常に大事な要素となるため、それらの要件を満たした人材の確保のために非公開という形を取り、応募者の数を絞ります。

そうすることで書類確認や面接に割く時間を短縮でき、かつ条件にマッチした優秀な人材を確保することが可能となります。

役職ポジションの採用となると特に人気で応募数が多くなるので、非公開求人として募集を出すパターンもあります。

他には、不測の事態で休職や退職になるスタッフがいて人員不足となってしまったときも、求人が一般に公開される前にエージェントを通して急募で採用したりするので非公開求人となることがあります。

POINT

スキルや経験の面以外でも、信頼のあるエージェントや働いているスタッフの紹介で入社する人の方が、事前にどのような人なのかを把握しやすく、早期離職など入社後に起こり得るリスクを極力減らすことができる点も企業が非公開求人を出す理由となります。

非公開求人に応募するメリット

非公開求人に応募する最大のメリットは、競争率が公開求人に比べて低いという点です。

また、応募者一人ひとりに対するフォローアップも手厚いため、転職を成功に導くサポートを受けられる機会が多いです。

さらに、非公開求人は条件面においても魅力的なものが多く、求人自体の質が高いです。

そのため、スキルや経験を活かし、キャリアアップや待遇改善を実現できる可能性が高まります。

非公開求人の探し方

医療職の転職において、非公開求人という存在はとても魅力的です。

多くの場合、良い条件や独占的な求人情報は一般には公開されません。

これらの求人を効率良く探すためには、いくつかのポイントがあります。

転職エージェントに登録する

医療職の非公開求人を効率よく探すためには、転職エージェントに登録することが基本です。

転職エージェントはそれぞれ特色が異なり、医療分野に特化したサービスを提供するエージェントもあります。

医療業界の動向に精通したプロのアドバイザーが、あなたのスキルやキャリアビジョンに合った求人を紹介してくれます。

転職エージェントには独自の求人情報があるため、オンラインに公開されている求人では得られない情報が手に入ることもあります。

エージェント選びの際には、その実績や評判、提供するサービスをしっかりと調べておくと良いです。

知人や友人から紹介してもらう

医療業界で働く知人や友人からの紹介も非常に有効な手段です。

特に医療業界は人材が重要視される職種が多いため、信頼できるスタッフからの紹介は企業にとっても魅力的な採用方法であることが多いのです。

POINT

小規模・少人数の病院やクリニックでは、紹介でしか採用を行っていないこともあります。

紹介を頼む際には、自分の経験やスキル、何を望んでいるのかを明確に伝えることが肝心です。

転職エージェントを活用した非公開求人の探し方のコツ

非公開求人を探す上で、転職エージェントを上手に利用することはとても重要です。

なぜなら、非公開求人は一般には公開されないため、それらを見つけるための情報やコネクションが不可欠だからです。

ではどのようにして転職エージェントを選べばよいのでしょうか。

自分に合った転職エージェントを選ぶ

数ある転職エージェントの中から自分に合ったものを選ぶには、いくつかのポイントがあります。

まずは、そのエージェントが得意とする業界や職種、地域に注目してみましょう。

医療職の転職エージェントには職種特化、地域特化、非常勤特化など様々な種類がありますので、自分の専門分野や希望する条件に合ったエージェントを見つけることが大切になります。

そのときに口コミや評判、利用者の体験談を参考にするのも有効な手段です。

転職エージェントを選んだら、担当者とのコミュニケーションを重ねていきましょう。

エージェントの実績や評判も大事ですが、担当者から非公開求人の情報を得るためには、その担当者と合うかどうかが一番大事とも言えます。

担当者と連絡を密に行い、自分のキャリアビジョンについてしっかりと相談することで、該当する非公開求人を紹介してもらいやすくなります。

転職意欲が高いときに相談する

非公開求人を探す際は、転職意欲が高いときに転職エージェントに相談しましょう。

採用する企業と転職エージェントの関係にもよりますが、何となくふわっと転職したいと考えているだけの人や連絡の返信が遅い人は転職意欲が低いと思われてしまい、担当者が非公開求人を教えてくれる可能性は低くなってしまいます。

また担当者との面談に意欲的に臨むことで、自分では気づかなかったキャリアの可能性や新しい選択肢を提案されることもあるため、非公開求人を早期に紹介してもらえる機会も増えるでしょう。

転職の軸やキャリアビジョンを明確にする

非公開求人を紹介してもらうには、自分の転職の軸やキャリアビジョンを明確にしておかなければなりません。

具体的には、これまでの経験を活かせる分野、働き方の希望、収入やキャリアアップに関する考え方など、細かくリストアップすることが大切です。

これをもとに転職エージェントに希望を伝えることで、より適切な非公開求人を紹介してもらえる可能性が高まります。

公開求人と違い非公開求人には、求めるスキルや経験値、人物像が明確に決まっていることがほとんどですので、あなたが非公開求人の条件にマッチしているかを担当者が判断できるように準備することが大事です。

まずは行動することから

非公開求人の探し方のコツをここまで色々と述べてきましたが、最も大切なのは行動することです。

実際に情報を得る行動をしなければ、非公開求人に出会うチャンス自体が生まれません。

情報を集めること、人との繋がりを持つこと、そして自分自身をしっかりと見つめ直すこと、これらの行動が重要となります。

出会いが少ない非公開求人ではありますが、その限られたチャンスを引き寄せられるよう、まずは一歩踏み出してみてください。